親に借金がバレた体験


ネットワークビジネスで30万円の借金

年齢/性別職業
20代/男性求職中
借入先借金
アイフル30万円

 

仕事が上手くいかず、ついつい知人の誘惑につられて、ネットワークビジネスを始めてしまいました。

 

 

そこで稼げるようになるには、商品を購入して他人に売らないといけないとのこと。そのために必要なお金を30万円も借金しました。

 

 

ですが、お金持ちになれることを夢見ていた私に、親が勝手に部屋の中を物色して、借金が発覚しました。

 

 

結果オーライでも納得いかない

 

いくら第三者の発見がきっかけで、危機を脱したとはいえ、私の部屋を物色されたことが納得いきませんでした。そもそも親はいつも、私の意見など尊重せず、失敗を徹底的に突いてきます。

 

 

なんで借金をしたのか責められました。私はその前に勝手にプライバシーに踏み込んだことを抗議しましたが、全く聞く耳をもちません。

 

 

すぐにクーリングオフして、借金を返済するように、一方的に要求してきました。善悪の判断は抜きにして、当時やりたいと思って始めたことを、親だろうが無視するつもりでした。

 

 

しかしながら、何度もしつこく止めるように言ってくるので、気が滅入ってネットワークビジネスも借金も返済することにしました。

 

 

一時的でも大金を手にして怖かった

 

現在は借金を全額返済していますが、お金のなかった私が一気に30万円を手にした時は、身震いをしたのを今でも覚えています。

 

 

恐ろしいのは、こんな大金を借りていても、何とかなると思い込んでしまっていることです。もし親にバレず、クーリングオフ期間も過ぎていたら、一生もののトラウマとなっていたかもしれません。

 

 

借金を返済するために働くというのも、当然とはいえ、生きているのが苦しくなりそうです。借金を抱えている人が後を絶たないのは、諸事情はあるでしょうが、安易に借りられて後先を考えられないからでしょう。

 

 

私の場合は儲け話だったので、特に被害に遭うケースも多いでしょう。とにかくそういう話し合いを持ちかけられても、どんなに親しい仲でも、相手にしてはいけません。

 

借金をして気づいたこと

 

当たり前ですが、安易にお金を借りてしまうのは、本当に止めた方が良いです。

 

 

私を含めてお金がないから、借りてしまうのですが、借りるぐらいなのに果たして自力で返せるのでしょうか?

 

 

特に成功者などがお金は貯金せず、どんどん使った方が良いと言いますが、決して真に受けてはいけません。

 

 

その人の言い分はお金は使うためにあって、貯めるものではないと言います。でももし想定外の支出があった時に、貯金がなかったらどうしますか?

 

 

もちろん、死ぬ時にお金をたくさん持っていても意味がないからと言いますが、これは年金と似ていると思います。

 

 

やっぱりある程度は貯金していた方が、リスクを回避できるから安心できるのです。私は今回の一時的とはいえ、借金した経験か借金はすべきじゃないと学習しました。

 

 

また身の程を知ることも、借金で後々苦しまない防衛策だと考えます。現代はフリーランスが増えてきたというニュースも耳にしますし、やりたくない仕事は辞めようと安易に主張しているブロガーも多いです。

 

 

それでも借金経験のある私からすれば、サラリーマンほど安定して、ありがたい待遇はないと思いますよ。

 

 

現在の状況

 

もう金輪際、借金するのは止めようと心に決めて、以前持っていたクレジットカードは全て解約しました。

 

 

そして自分の収入から身の丈にあった生活を心がけ、実践しています。収入は少ないので、自炊したり贅沢な暮らしとは程遠いですが、健全な生活ができていると思います。

 

 

カードを解約してしばらくは、自分の収入だけで生活していくのは不安に感じていました。しかし、それ以上に自力で生きていけてることを実感し、いきいきと日々を過ごすことが、できています。

30万円を借金して始めたネットワークビジネスが親にバレた体験

30万円を借金して始めたネットワークビジネスが親にバレた体験

とりあえず、法律相談カフェがどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。
30万円を借金して始めたネットワークビジネスが親にバレた体験
30万円を借金して始めたネットワークビジネスが親にバレた体験

とりあえず、法律相談カフェがどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。